お尻を締めるって!?

こんにちは!

しなやか骨盤を愛するセラピスト

Deco♪です

 

こう暑いと、

だらり〜んとしてしまいますね(´ω`)

姿勢を正そう!

と、お尻もキュッと引き締めて…

 

が、ちょっと待ってくださいε-(´∀`; )

お尻を締める時

両方の坐骨の位置が近づいていませんか?

仙骨が後ろに傾き、恥骨が前に出て

骨盤の下側、つまり坐骨間が狭まると

上側の腸骨側が開きます

*画像はお借りしました

 

骨盤が後傾している状態です

*画像はお借りしました

この状態でお尻を締めても

姿勢はよくなりません

骨盤が後傾すると、膝が曲り猫背になり

首が前に出ていきます

その猫背を戻そうとして

腰を反らせる原因にもなります

 

 

骨盤のニュートラルな状態を

施術やセルフケアで体感してみると

とても楽に立てるのが分かります(^^)

ぎゅーっと頑張らなくても

重力と仲良く出来るおからだに

本来のからだに戻してあげたいですね♪

 

小顔フェイシャルとしてお伝えしていた

セルフケアセミナーですが、

足から頭まで盛りだくさんだったので

もっとシンプルに分けて

お伝えしたいと思っています(*^^*)

もちろん、基本は骨盤です♡

お楽しみに〜♬

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます♡