あしの長さが違う⁉️

こんにちは!

しなやか骨盤を愛するセラピスト

Deco♪です

 

シンデレラ骨盤セラピー®︎では

はじめに、脚の長さチェックをします

実際に普段立っている時、

からだがどんな状態になっているのか

確認していただくチェックでもあります

その後、長さの調整をおこないます

 

例えば、スカートが右に回る場合

右の骨盤が後ろへ開き下がり(後傾)

右の股関節の位置が上にあがります

*画像は一部分お借りしました

この場合。外くるぶしを基準にすると

右脚が短くなったようになりますね

逆に、前傾すると股関節の位置は下がり

脚の長さが長くなったようになります

 

脚の長さの違いは

骨折や手術で人工のものを入れたり

生まれつきのものや病気がなければ

関節、骨盤の歪みや

筋肉の状態が関係しています

 

長さが違うまま立っていると

からだはバランスをとるために

上に上にと互い違いに捻れを作っていき

からだに不調を来たす原因となります

骨盤の動きがしなやかでないと

この歪んだ状態で固まったままとなり

体液の循環は悪くなってしまいますね(^^;

中には、くるぶしの位置が

5センチ以上違っていても

自覚症状を感じていない人もε-(´∀`; )

これはこれで、

からだの異常を教えてくれる信号を

送れないことも問題です

 

痛くて…辛くて…となる前に

ご自分のからだと

お話ししてみてくださいね(*^^*)

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます♡