骨盤と睡眠

こんにちは!

しなやか骨盤を愛するセラピスト

Deco♪です

骨盤と呼吸、眠りの深さは関連しています

息を吸うと骨盤底部は縮んで上部はゆるみ

吐くと底部がゆるんで、上部は縮みます

1日のサイクルだと、寝ているとき、

骨盤はもっともゆるんで拡ります

全身の力が抜けきることで拡りきり

拡りきることで、縮む力となるのです

 

ところが緊張すると…

骨盤底部の骨盤底筋群も硬くなり

息を吐いても骨盤の底部がゆるまず

骨盤全体の動きが悪くなってしまいます

骨盤上部も拡がることが出来ない

骨盤が休めない=からだが休めない状態

 

からだが休めないので

眠りが浅くなってしまうのですね(´・_・`)

呼吸も浅くなり、疲れやすいしダルくなる

骨盤はただ締めればいい、だけでなく

本来の動き幅にしていきましょう♪

 

《チェック》仰向けになり足裏を合わせてカエルの様に膝を広げ、そのままお尻を持ち上げます。手は使わず10cmくらい上げてみて、重たく感じたら動きがよくない、となります。

 

♪まず、就寝前に緩めてみましょう!

①仰向けで上のチェックの体制になります

が、右膝の方を深く曲げ、足裏をずれた状態

で合わせます。

②お尻を10cmくらい軽く持ち上げ、ストンと

落とし深呼吸。数回行いお尻が軽く感じる様

になったらO.K.

 

朝の起床時には、弾力をつけるポーズを!

これは次回ご紹介します

 

最後までお読みいただき

ありがとうございます♡